堺北ロータリークラブロゴ

堺北ロータリークラブは地域社会や国際社会に向けて幅広い奉仕活動を行っています。

2024年1月~6月・ブログ&ニュース

Club News 2024
◆「和田広美会員、藤永 誉会員・ご入会おめでとうございます」
◆「開口神社・年始参拝」
◆「謹賀新年 2024年元旦」

◆ 「和田広美会員、藤永 誉会員・ご入会おめでとうございます」

 この度、1月26日(金)の例会で入会式を無事終了されまして、新しい仲間が増えましたので、ご紹介させていただきます。

「入会のご挨拶」

会員 和田 広美
 この度、畑中さんと塩見さんからの推薦を頂き、入会させていただくこととなりました株式会社 Merry 和田広美です。よろしくお願いいたします。
障害のある子ども達の通所施設を運営しております。自閉症や知的障害など様々な子ども達の療育をする施設です。
子ども達に四季折々の行事を体験させてあげたり、ジャンルにとらわれず、いきいきと輝く笑顔を引き出せるような支援を…と、日々考えております。
そんな中、畑中さんや、藤永さんからロータリーの活動のお話を聞かせていただきました。 私の想像を超えた国際的な支援活動であったり、また地域の子ども達、大人も含めたたくさんの方々との交流であったり、会員同士の親睦や研修と、多岐にわたる活動をされているこのグループに感銘を受け、ぜひこの堺北ロータリークラブの一員として色々なことを学び、そして社会に少しでも貢献できるよう会員の皆様とご一緒に活動させていただきたいと思いました。
また、私がお預かりしてきた子ども達や保護者の方々の声も会員の皆様に届け、社会の受け入れとして求めている支援は何かということにも関心を持っていただけたら嬉しいなと思いました。そして、少しずつでもその輪が広がり誰もが楽しく輝いて生きやすい地域や社会になっていけばいいなと、大きな夢をもっています。
これから どうぞ仲良くしてください。
よろしくお願いいたします。

 

会員 藤永 誉
 まずはじめに感謝の意をお伝えさせていただきます。
再入会のご承認をいただき誠にありがとうございます。
2021年12月から休会させていただき、その2年間に皆さまには、多大なるご支援をいただき本当にありがとうございます。
塩見会長年度に幹事を直前にできなくなり、澤井会員にもご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。業績は、まだまだ途上ではございますが、畑中会長年度に幹事のお約束をしておりましたので、再入会の決断をしました。
今後は、皆様への恩返しと次世代の方達への支援をするために生きていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

◆ 「開口神社・年始参拝」 

 今年も恒例のお正月「年始参拝」を1月3日午前11時より、当クラブ三上尚嘉会員が宮司を務める「開口神社」境内本殿において行いました。 例年は厳しい寒さの中でしたが、今年は快晴に恵まれた穏やかな中での会合でした。 通常の例会ではなく自由参加によるクラブ行事でしたが、会員14名と事務局坂上さんに参加して頂きました。
 本殿において、神社神主儀による厳かな御祈りのあと、全員がお神酒による乾杯で今年の無事をお祈りしました。 ありがとうございました。 記念撮影の後、正午前に自由解散となりました。
 今年は新年早々、能登大地震とそれによる大津波、そして翌日には羽田空港での飛行機衝突事故と大変な幕開けとなりました。 今なお沢山の方々が被害に苦しんでおられる深刻な状態が続いています。 どうか、一日も早い復旧をお祈りいたします。

◆ 「謹賀新年 2024年元旦」

 

新年、あけましておめでとうございます
堺北ロータリークラブ ホームページへ、ようこそお越しくださいました
今年も、より一層のご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます

4年以上に亘る新型コロナウイルスの影響で行動が制限されるなど、大変不自由な状況が続いておりましたが、待ちに待った終息がようやく見え始めてまいりました
今年こそは、健康で明るく輝かしい、そして平和な年となりますよう、ご祈念申し上げ新年のご挨拶とさせて頂きます

2024年 新春
国際ロータリー第2640地区
堺北ロータリークラブ会員一同

◇ 大阪マリオット都ホテル20階・茜」前にて撮影 (アベノハルカス)