堺北ロータリークラブロゴ

堺北ロータリークラブは地域社会や国際社会に向けて幅広い奉仕活動を行っています。

2021年1月~6月・ブログ&ニュース

Club News 2021
◆「”Life-saving mother and baby” project」(母と子の命を救うプロジェクト)
◆「2021年度 堺市一般会計当初予算案の概要」
◆「鶴 啓之 会員・ご入会おめでとうございます」
◆「𠮷村博勝会員・ご入会おめでとうございます」
◆「北村勝博会員・ご入会おめでとうございます」
◆「新年特別例会 開口神社 年始参拝」
◆「謹賀新年 2021年元旦」

◆ 「”Life-saving mother and baby” project」(母と子の命を救うプロジェクト)

今年度、国際奉仕では、グローバル補助金を活用し、友好クラブのノンケームロータリークラブ(RI3350地区 タイ王国)との協同プロジェクト「母と子の命を救うプロジェクト」を行いました。
タイの貧困地域バンジャイ・エリアでは、毎年500人の妊婦がバンジャイ病院Bangyai Hospital)の分娩室で出産を行っていますが、無事に出産しても新生児が未熟児や低体温などの問題で死亡するケースや、医療機器が揃っていないが故に、障害を負うケースもあるようです。医療機器が整っている日本では考えられないことですが、多くは救われる赤ちゃんの命です。
そのような不安を抱えるバンジャイ・エリアの妊婦達から、何とか医療機器を整えて欲しいと多くの要望が寄せられていることを知り、病院に必要な医療機器を購入、設置を行い、看護師に使い方の勉強会やセミナーを開催し、安全な運用が出来るよう、また医師や看護師を通じて妊婦へ説明を行うことで、安心して出産が迎えられるようにするプロジェクトを立ち上げました。
 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、深刻なパンデミックのため、当初の計画通りにいかず、遅れながらも4月28日(水)ようやく病院へ医療機器の引き渡しを行いました。今回はバンジャイ病院(Bangyai Hospital)への医療機器の引渡しのみで、本来予定していた医療機器を使用する為の医療関係者へのトレーニングプログラムを開催することが出来ませんでした。医療関係者と高齢者へのワクチン接種が終わり、新型コロナウイルスが落ち着いてからトレーニングプログラムを行う予定です。
上記贈呈式には我々堺北RCも有志を募って参加する予定でしたが、現地に向かうことができず、非常に残念ではありましたが、友好クラブのノンケームRCのメンバーたちが、このコロナ禍の中、現地調査、贈呈式をご苦労されながらも進めてくださったことに感謝いたしたいと思います。

 医療機器については、次の通りです。
① 2ユニットの保育器(Infant Radiant Warmer)。出産直後の赤ちゃんの体温を適温に保ち維持する装置。
② 1ユニットの胎児心電計。胎児の心拍数とリズムを確認し、胎児の健康状態を確認する装置。
③ 分娩室で使用した天井取付型検査ライト1台。

◆プロジェクトの内容とノンケームRCメンバーによる贈呈式

◆ 「2021年度 堺市一般会計当初予算案の概要」

当クラブの地元である大阪府堺市の「2021年度・堺市一般会計当初予算案概要」について述べてみます。

1. 歳入の部   (前年度比)
  市税収入 1,460億円 3.1%減
  国庫及び府からの補助金収入など 1,318億円 2.5%増
  施設使用料収入など 654億円 6.3%減
  地方交付税収入 281億円 11.6%減
  市債発行(借入金) 523億円 8.0%増
  (歳入合計) (4,236億円) (1.3%減)
       
2. 歳出の部   (前年度比)
  福祉サービスの提供など 1,852億円 0.4%減
  教育の振興など 657億円 2.5%増
  道路や公園の整備など 419億円 16.7%減
  市民参加・スポーツ振興など 358億円 12.3%減
  保険医療やごみ処理など 547億円 12.3%増
  借入金の返済 403億円 2.0%増
  (歳出合計) (4,236億円) (1.3%減)
       
       
 

上記は、基本的な会計である一般会計当初予算案でありますが、前年度比1.3%減(57億円)となっております。
2021年度予算案は、(1)新型コロナウイルス感染症対策」、コロナ対策に最優先で取り組みます。 (2)「セーフティネットを守り、地域経済を支える」、地域包括支援センター機能の強化をはかるなど地域経済を支えます。 (3)「将来の税源涵養(カンヨウ)に繋がる投資の呼び込み」、堺から新しい産業を発進します。以上3つの重点取り組みを柱としました。
新型コロナウイルス感染症の影響により、個人市民税や法人税住民税などの市税や地方消費税交付金が減少しています。
コロナ対策の経費が増えているものの、大規模事業が終了したことにより、全体では減少しています。

このほかに別途会計として、「特別会計」と「企業会計」がある
(1) 2021年度 特別会計当初予算案
国民健康保険事業や介護保険事業など特定の事業にかかる予算案
当初予算額2,498億円(前年度比 0.08%増)
(2) 2021年度 企業会計当初予算案
水道事業など公営企業の経営にかかる予算案
当初予算額867億円 (前年度比 3.3%増)
2021年度 堺市当初予算案の規模
(1) 一般会計当初予算案 4,236億円  (1.3%減)
(2) 特別会計当初予算案 2,498億円  (0.08%増)
(3) 企業会計当初予算案 867億円   (3.3%増)
(合  計)    (7,601億円)  (前年度比 0.35%減)

 

◆ 「鶴 啓之 会員・ご入会おめでとうございます」

この度、2月12日(金)の例会で入会式を無事終了されまして、新しい仲間が増えましたので、ご紹介させていただきます。

「入会のご挨拶」
鶴 啓之でございます。 まずもって、栄光の堺北ロータリークラブに入会させていただき、ありがとうございます。
直近、入会の吉村博勝先生と同じ堺東南ロータリークラブで、私は14年間活動をしていました。 現在の仕事は、鶴屋株式会社の代表取締役会長をしています。 簡単な、弊社の概要(別添)をご一読いただければ幸いです。
昨年6月末の堺東南ロータリークラブ解散から7か月、親しいロータリアンの方々から、やさしいお誘いのお言葉をいただき、見合わせの返事を致しました、大変申し訳ございませんでした。
入会の決断としましては、そういう皆様からのお誘いのお言葉、吉村先生の入会、そして、コロナによるこの一年の「ぬるま湯」からの脱出です。 会社には毎日出勤していますが、全くの開店休業状態。 そんな中、何か変化をしなければならない思いが募ってまいりました。 過去は取り返しが出来ませんが、大切なのは「今」の積み重ねが大事であることを感じました。
14年間のロータリアンとして感じたことは、なんといっても出会いと繋がり、感動と気づきと刺激があります。 今回の入会は、自分自身の変化をするための決断、67歳の決断をもって入会を決めました。 私自身、今久しぶりに新鮮な気持ちでいっぱいです。 この決断が、将来間違いでなかった、と振り返られるよう微力ではございますが、歯車の一つとして頑張ります。回りが悪いからと油をさされないよう一所懸命邁進いたします。
なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

◆ 「𠮷村博勝会員・ご入会おめでとうございます」

この度、1月22日(金)の例会で入会式を無事終了されまして、新しい仲間が増えましたので、ご紹介させていただきます。

「入会のご挨拶」
この度、堺北ロータリークラブに入会させていただきました吉村博勝でございます。 北側一雄先生、城岡陽志様より入会のお誘いをいただき心から感謝申し上げます。 職業は神職です。出雲大社大阪分詞 分詞長として36年間奉職しています。
ロータリー歴は、昭和59年に37歳で堺東南ロータリークラブに入会しましたが、途中でちょっと休会が有り、約30年間在籍させていただきました。その間、会長や数々の役職を経験させていただきましたが、会員が少ないために例会に出席するのみで、活動はあまりできませんでした。残念ですが、このように堺東南ロータリークラブは会員数が減少となり、50年目を節目として昨年6月末に解散となりました。
歴史と伝統のある堺北ロータリークラブの一員として、今後、新たにロータリー活動のために、微力ではございますが精一杯つとめさせていただきますので、皆様方からのご支援、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
簡単ですが、入会のご挨拶とさせていただきます。

◆ 「北村勝博会員・ご入会おめでとうございます」

この度、1月15日(金)の例会で入会式を無事終了されまして、新しい仲間が増えましたので、ご紹介させていただきます。

「入会のご挨拶」
初めまして北村勝博(キタムラ マサヒロ)と申します。
当クラブ会員の城岡陽志様、畑中一辰様からご紹介頂き今回入会させて頂くこととなりました。 改めてお礼申し上げます。
 事業は大阪府富田林市の中小企業団地内にて、金属プレス部品加工業をしております。生産拠点としては富田林市とフィリピン.セブ島の2ケ所となります。
 趣味は、①剣道、②ゴルフ、③海釣りの3つを楽しんでいます。①剣道は学生時代に経験し、社会人35歳になって改めて修行を開始しました。月1回程度、堺市の小学校で小学生や中学生の剣士に剣道を教えています。現在はこれが唯一の奉仕活動かも知れません。②剣道をしている関係で、ゴルフも大好きですがスイングに特徴があります。またプレーをご一緒させて頂いたときにご確認頂ければと思います。一度一緒にプレーさせて頂くと、独特のスイングの為、小生のことを覚えて頂けるのが有難いと思っています。③最後の海釣りは、昨年のコロナ過で息子と始めました。コロナ前までは海外出張と国内出張で仕事に奔走しており、息子と向き合う時間があまり取れていませんでした。コロナ過を契機に一念奮起し、新しい趣味に突入致しました。お蔭様で海釣りの奥深さと大自然の豪快さに一気にのめり込んでしまいました。
 今回、このようなロータリーに温かく迎え入れて頂き誠に有難うございます。 まだ入会したばかりで右往左往するとは思いますが、ご指導の程重ねてお願い申し上げます。
 人生、これまで他人を傷つけてしまったり、迷惑をかけるようなことも多々ありました。50代を迎え、お恥ずかしい話ですがやっと少しは利他の心を持つべきであると自分自身に気づいた時に、当ロータリークラブの入会の機会となったように思います。
改めて、よろしくお願い申し上げます。

◆ 「新年特別例会 開口神社 年始参拝」

2021年1月3日(日)、「新年特別例会」として開口神社に参拝いたしました。
今年は薄曇りで冷たい空気の中ではありましたが、コロナにも負けず恒例の開口神社参拝を山中会長始め会員15名(プラス事務局坂上さん)で行いました。
コロナの中、神殿での儀式も簡素に執り行われ、その後,記念写真を撮り解散となりましたが、御出席いただきました会員皆様の元気な姿を拝見し、今年も堺北ロータリークラブの活発な活動が期待されるところです。健康に感謝しながら、コロナに負けず頑張りましょう。

◆ 「謹賀新年 2021年元旦」

 

新年、明けましておめでとうございます。
堺北ロータリークラブ ホームページへ、ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
昨年は「創立40周年記念行事」を、新型コロナウイルス発生という厳しい状況の中でささやかながら行う事が出来ました。41年目の新年を迎え、更に50周年.60周年に向けて奉仕の心を目指しながら活動すべく会員一同心を新たにしております。
今年はどうか、新型コロナの一日も早い終息を切に願っております。 そして、今年こそ健康で明るい輝かしい年となりますようお祈り申し上げます。

国際ロータリー第2640地区
堺北ロータリークラブ会員一同

◇ 例会場 南海グリル東店3階 「宴の間」で撮影