堺北ロータリークラブロゴ

堺北ロータリークラブは地域社会や国際社会に向けて幅広い奉仕活動を行っています。

2017年1月~6月・ブログ&ニュース

Club News 2017

「春の全国交通安全運動キャンペーン」に参加
「大仙公園の河津桜・今が満開」
「春の仁徳天皇陵・清掃活動に参加」
「2017年度・一般会計予算(案)」の概要
「2017年 新年特別例会」
「謹賀新年 2017年 元旦」

◆ 「春の全国交通安全運動キャンペーン」に参加

2017年4月6日(木) 夕方4時30分より、堺警察署長並びに堺市堺区長をはじめ、堺北ロータリークラブ、 堺交通安全協会、交通事故をなくす運動堺市推進協議会など各種団体の皆さん、約100名が堺地方合同庁舎前広場に集まり、 この日から4月15日(土)までつづく安全運動キャンペーンが実施されました。当クラブからの参加者は、 「中田・笹山・池田・國井・小西・那須・奥野・藤永」の各会員8名でした。交通安全のチラシを手に 堺東駅周辺にて道行く人々に配付しながら啓蒙活動に参加いたしました。
今年に入ってから堺市内での死亡事故はゼロということですが、主要幹線道路での交通事故は増加しているとのことです。 この期間だけでなく常に交通安全を意識して自動車や自転車、そして歩行者の事故防止を心がけましょう。
当日、合同庁舎前広場に咲く満開の桜が小雨のシャワーを浴びながら、この日を待ちわびていたかのように咲き誇っているのが印象的でした。

◇ 堺警察署長さまはじめ主催者代表の皆様

◇ 我がクラブの参加者たち

◇ 街頭でのチラシ配り風景

◆ 「大仙公園の河津桜・今が満開」

当クラブは、現在、創立37年目を迎えておりますが、今から7年前の真冬1月に「創立30周年記念事業」として、 第16代仁徳天皇陵の南向いにあります「大仙公園・いこいの広場」に樹齢5~6年ものの河津桜10本を植樹寄贈させて頂き、 堺市長より感謝状をいただいております。この桜の植樹時期は真冬が最適ということで一番寒い1月の時期に植樹をいたしました。
この河津桜は静岡県河津町の原産で毎年2月上旬から3月中旬までの1ヶ月あまりに亘って咲く早咲き桜として知られております。 およそ10メートル間隔で植樹された10本の河津桜ですが、すくすくと育ち10本とも今が満開で訪れる人たちに、 ひと足早い春の訪れを感じさせてくれております。広い範囲にわたっての植樹ですが、このうしろ側の隣接地には、 4月初旬から咲き始める「ソメイヨシノ」を中心とした桜が2千本ちかくあり同公園の桜の名所となっております。
やっと樹齢12~13年となった河津桜、今はまだまだ小さいですが、これから年を重ねながら、もっともっと大きく成長をつづけて 人々の眼を楽しませてくれることでしょう。
河津桜の前で写真を撮った当日の3月12日(日)は、向かい側の仁徳天皇陵で周遊路の清掃活動を行っていた日でした。 お昼前に清掃を終え、日本晴れのすがすがしい気分の中で5分ほど歩いて河津桜を見に行き、満開に咲き誇る河津桜を前に 最高の気分に酔いしれました。

◇ 満開の河津桜(2017年3月12日(日)撮す)

◆ 「春の仁徳天皇陵・清掃活動に参加」

春めいてまいりました。日中はとても暖かく、黄色やピンクの花があちこちで咲いているのを目にするようになりました。
恒例の「仁徳天皇陵・清掃活動」ですが、去る3月12日(日)に行いました。定刻9時30分、同陵中央の鳥居広場前に 各種団体の皆さん200名あまりが集合し、「仁徳陵を守り隊」を代表して下原氏より開会の挨拶があり、 つづいて竹山堺市長のご挨拶、そして衆議院議員で当クラブ会員の北側会員より挨拶をいただきました。 清掃についての諸連絡事項のあと、周囲の全長2,850メートルを区分された各担当区域ごとに分かれて作業が開始されました。 当クラブは、いつものとうり正面遊歩道約700メートルの担当でした。今回の当クラブ関係の参加者は、「会員14名・準会員1名・ 会員家族3名・ファミリー会員1名」の計19名でした。「仁徳陵を守り隊」となってから回を重ね、今回で23回目となりました。
約1時間半で清掃活動が終了し、向い側の大仙公園に行き、ほぼ満開に咲き誇る河津桜の下で爽快な日差しを楽しみました。 このあと、近くのレストランで昼食をいただき、綺麗になった遊歩道を歩いて満足な日を過させていただきました。
次回もよろしくお願いいたします。

◇ 堺北ロータリークラブ・開始前集合

◇ 清掃風景

◇ 堺市長のご挨拶

◇ 開会式・会場風景

◆ 「2017年度・一般会計予算(案)」の概要

「2017年度・一般会計予算(案)」

1. 歳入の部                         (対 前年比)
法人税・所得税・消費税等諸国税収入   57兆7,120億円    0.2%増
その他収入                 5兆3,729億円  12.8%増
新規国債発行額             34兆3,698億円    0.2%減
(歳入合計)             (97兆4,547億円)  (0.8%増)

2.歳出の部                          (対 前年比)
社会保障費               32兆4,735億円   1.5%増
地方交付税               15兆5,671億円   1.8%増
公共事業費                5兆9,763億円    0.0%
文教・科学技術               5兆3,567億円    0.0%
防 衛 費                5兆1,251億円   1.4%増
そ の 他                9兆4,275億円   0.4%減
国 債 費(借金返済及び利息)     23兆5,285億円    0.3%減
(歳出合計)             (97兆4,547億円)  (0.8%増)

このページは、「ブログ&ニュース」のコーナーとして、皆さまから自由なテーマで投稿していただくためのコーナーです。  今回は、今年度の通常国会で審議されている予算(案)についての概要です。 「2016年12月22日読売夕刊」の記事を利用しながらまとめてみました。

一般会計予算の総額は前年度当初予算よりも0.8%増となり、当初予算としては5年連続で過去最大を更新した。 高齢化の進展で、社会保障費が初めて32兆円台を突破した影響が大きい。新規国債の発行額は前年度よりわずかながら少ない額に抑えたが、 税収の増加額は前年度に比べて大きく落ち込み、財政再建については厳しい状況が続くこととなる。

歳出では、一定の所得のある高齢者が自己負担する医療費の上限額を引き上げることなどで、高齢化に伴う社会保障費の伸びを圧縮した。 防衛費は、近隣国などの諸状況を背景に過去最大の額となった。

財政再建面では、歳入に占める借金の割合である「国債依存度」が前年度の「35.6%」から「35.3%」にわずかながら改善した。 経済成長により国内総生産(GDP)が底上げされ、GDPに対する長期債務残高の割合は「198%」と、前年度見込みの「199%」からはわずかに減るが、 なお先進国では最悪の水準となっており厳しい状況にある。
(会員 池田茂雄)

◆ 「2017年 新年特別例会」に参加

今年も恒例の新年特別例会として、1月3日(火)に当クラブ三上尚嘉会員の開口神社さまに参拝してまいりました。 16名の会員参加により新年の挨拶を交わしながら元気な初顔合わせができました。
午前10時30分よりご祈祷をしていただき、会員並びにご家族皆さまのご健康とご繁栄、 そして堺北ロータリークラブの更なる発展を目指しながら今年が素晴らしい年となりますようお祈りしてまいりました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

◇ 開口神社の境内

◆ 「謹賀新年 2017年 元旦」

新年、明けましておめでとうございます。
堺北ロータリークラブのホームページへ、ようこそお越し下さいました。有り難うございます。
今年もロータリー活動のテーマのもとで、我々会員一同、友愛の絆を培いながら、社会に奉仕する喜びを見つけ出し、 心から楽しめるロータリーに向って歩んでまいります。
これからも、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。
皆様にとりまして本年が輝かしい年となりますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

◇例会場・南海グリル天兆閣 別館4階「ローズ」にて

国際ロータリー 第2640地区
堺北ロータリークラブ 会員一同